Toggle

C4D

CINEMA4DからUnrealEngine4への書き出し

CINEMA4DからUnrealEngine4への書き出し

先日から、UnrealEngine4(UE4)を触ることが多くなってきていますが、分からないことはもちろん多いのですが、期待感からなんとも言えないワクワク感がたまりません。 さて、UE4ではオブジェクトのデータはFBXを使用します。 もちろんC4DもFBXで書き出しができますが、そのままUE4に持って行くにはまだ問題も…
CINEMA4D R17が届きました

CINEMA4D R17が届きました

毎年バージョンアップされるCINEMA4Dの新しいバージョンが届きました。 先日ワークステーションの再インストールを行ったばかりだったので、このタイミングで新しいバージョンにしてみました。 簡単にプリセットのモデルをライティングだけ行い出力してみました。 R16までに比べると、レンダリングの品質が良くなっているように感…
C4Dプラグイン Drive! 使用メモ

C4Dプラグイン Drive! 使用メモ

CINEMA4Dで自動車の動きをシミュレートできるプラグインを導入しましたので簡単に使用方法をメモしておきたいと思います。 【準備】 モデルを、ボディ、タイヤ(4本それぞれ)にオブジェクトを分離する。 それぞれのオブジェクトに対し、軸を中心にする メッシュ>軸を中心>軸を中心 グループ化しておく 「DRIVE!Simu…
木材加工CG

木材加工CG

木材建築には「継手」と呼ばれる技術があります。 カットされた木材をパズルのように組み合わせて強度を保ちつつ組み上げていく伝統技術です。 組み上がったものを見てもその構造や、組み上げの手順はわかるものではないのですが、とてもすごい技術だと思います。 その「継手」のひとつ「金輪継」という方法の解説CGを作ってみました。 参…
商品パッケージCG

商品パッケージCG

広告やチラシで使用される商品パッケージも最近ではCGが多くなってきています。 CGを使うメリットは ・シワ等による形状崩れが起きない ・色変更が容易(撮影とくらべて) です。 また、パッケージデザインデータから先の商品の立体イメージを作れますので、パッケージの出来上がりをイメージしやすく、商品棚に陳列したイメージを先に…
インナーマッスルのCG化

インナーマッスルのCG化

インナーマッスルの動きをCG化しているのですが、 如何せん見えない部分なので、想像で作るしかありません。しかし想像するにしても医学的な知識はもちろんありません。 そこでネットで調べてみたのですが、インナーマッスルについてはビジュアル的に解説されているところはあまり見かけられないんですよね。 そんな時思い出しました。 何…
植物生育アニメーションが作れるプラグイン ivygrower

植物生育アニメーションが作れるプラグイン ivygrower

プロジェクションマッピングで使用する演出として「植物が育ってくる」がいかがでしょうか? 実際の撮影でははなかなか植物は思うように延びてはくれませんので、やはりCGでの制作になります。 CINEMA4Dにも植物育成のフリープラグインがあります。 Ivy Grower http://graphics.uni-konstan…
TV解説で使用する人体図っぽいマテリアルはフレネルで作る

TV解説で使用する人体図っぽいマテリアルはフレネルで作る

TV番組などでCGが使われない日はないでしょう。 特に健康番組等で人体の内部を解説する際にCGの画像は非常に有効です。 そこで、今回はその際に使用される人体モデルの作り方について解説します。 今回のモデルデータはCINEMA4DについているHUMANモデルです。 コンテンツブラウサ > プリセット > Prime > …
バネの動きをダイナミクスのコネクタとスプリングで作ります。

バネの動きをダイナミクスのコネクタとスプリングで作ります。

CINEMA4Dには強力な物理シミュレーション機能があります。 今回はこれを使ってバネの動きを再現したいと思います。 物理シミュレーションなので、タイムラインにキーを打たずに動きを実現できます。 バネの台となる立方体を作成します 動かすオブジェクト(今回は文字を使用します)を作成します。 動きの中心となるように、オブジ…
ゼリーのように揺れる物体はジグルで作れます

ゼリーのように揺れる物体はジグルで作れます

ゼリーのようにプルプル震えるオブジェクトを作ります。 他のCG制作アプリの場合は、ボーンやジョイントを使うようですが、C4Dではジグルを使用することで簡単に実装できます。 まず、震わせたいオブジェクトを作成します。(わかりやすいように今回は立方体を使用します) 「c」キーで編集可能の状態にします。 編集モードをポイント…
Return Top