Toggle

C4D

CG/VR制作:解像度をレンダリング時間を短縮する

CG/VR制作:解像度をレンダリング時間を短縮する

CG制作・VR制作で最も時間とCPUパワーを使用する工程が「レンダリング」です。 いかにこの時間を短くするかが短期納品のポイントになります。 現在(2016年)使用されている最も一般的な解像度は「フルハイビジョン」と呼ばれるもので、1920×1080の点で1画面が構成されている映像になります。 複雑なシーンのレンダリン…
VRコンテンツの制作ポイント

VRコンテンツの制作ポイント

私どもではVRコンテンツの制作を行っております。 VRコンテンツは従来の映像コンテンツとは違うポイントがあります。 今回は「カメラ」について簡単にまとめてみたいと思います。 ・カメラワークはなめらかにする C4Dの場合、カメラ移動のキーフレームをベジェ曲線にする等してなめらかな動きを意識することで、見る側のVR酔を防ぐ…
C4DでVR動画の書き出し方

C4DでVR動画の書き出し方

シーン構築までは、通常のCG制作と同じ手順。 構築で気にするポイントは、360°見えるという事、映像で書き出す際はカメラの死角部分は作りこむ必要がなかったのですが、ぐるっと見渡せるので、見える範囲は違和感のないような作りこみを行うようにします。 プラグインを使用します。 ・CV-VRCam このプラグインは、Cinev…
パースCGで景色のテクスチャは発光で使用すると反射・環境光を強くだせる

パースCGで景色のテクスチャは発光で使用すると反射・環境光を強くだせる

建築パースはCGが多く利用される分野です。 CGによるパースイメージは、まだ出来上がっていない建築物のイメージを正確に再現できる最適な方法だと思います。 パースにおいては、建築物の正確な再現はもちろんですが、その建物とそこに住む人の生活感が感じられるような小物類が必要になってきます。 また、窓から見える景色も重要な要素…
CGで時間を止める(タイムストレッチ)

CGで時間を止める(タイムストレッチ)

実際の映像撮影で不可能なものの一つに、静止中のカメラワークがあります。 言葉だけ聞くとよくわからないかもしれませんね。 映画マトリックスの中で、主人公が弾丸を避ける際に、弾丸の動きが見える程の超スローの中をカメラが主人公を中心に位置を変えていくといった演出だったと記憶しています。この表現は、その後の映像表現に大きな影響…
レンダリング時間を短縮するいくつかの方法

レンダリング時間を短縮するいくつかの方法

サービスの一つに「CG制作お急ぎ便」を追加致しました。 ざっくり言うと短時間で納品しますというサービスですが、報道関係の方からご依頼を頂いております。早速ご依頼頂きまして、ニュース番組中の解説CGを制作させて頂きました。 この制作での一番の「売り」は速さです。そこで一番問題となるレンダリング時間を短縮する方法について簡…
CINEMA4DマテリアルのノイズをUV固定するにはテクスチャ固定

CINEMA4DマテリアルのノイズをUV固定するにはテクスチャ固定

CINEMA4Dの小ネタです。 CINEMA4Dではマテリアルの設定に多くのパタメータをもっており、テクスチャを別途用意しなくてもデフォルトのシェーダで多くのマテリアルを作ることができます。 その中に「ノイズ」といテクスチャがあります。 様々なノイズを生成して、しかもアニメーションまでしてくれます。 大変ありがたいので…
CINEMA4Dでタイムストレッチ

CINEMA4Dでタイムストレッチ

動画が止まる、あるいは微速になって、カメラ位置が変化するというった手法は最近では比較的よく使われる演出方法になりました。この表現方法を「タイムストレッチ」と呼びます。この方法をCGで行うとした場合、フレーム単位でキーを打つアニメーションならばやりかたはそう難しくはありませんが、手間はかなりかかりそうです。 CINEMA…
3DモデルをWebGLを使ってブラウザでプレビューする

3DモデルをWebGLを使ってブラウザでプレビューする

3Dモデルをブラウザでプレビュー、マウス操作で拡大、縮小、視点変更でグリグリ回せるようにする手順を備忘録的にまとめてみます。 用意するもの ・CINEMA4D ・テキストエディタ ・ブラウザ ・Webサーバ CINEMA4Dでなくても出来ますが、私のメインツールがC4Dなのでこれ前提で書きます。 C4Dでオブジェクトを…
WebGLでの3DCG形状確認

WebGLでの3DCG形状確認

3DCGを作成していく過程で、お客様に形状を確認して頂きたい場面が出てきます。 特に専門的な分野からのご依頼などでは、確認していただかないとわからないところも結構あります。 そんな場合、実際のものが作れれば良いのですが、そもそもそれが出来ないからCGのご依頼を頂いている訳ですから、それも本末転倒な気がします。 さてさて…
CINEMA4DからUnrealEngine4への書き出し

CINEMA4DからUnrealEngine4への書き出し

先日から、UnrealEngine4(UE4)を触ることが多くなってきていますが、分からないことはもちろん多いのですが、期待感からなんとも言えないワクワク感がたまりません。 さて、UE4ではオブジェクトのデータはFBXを使用します。 もちろんC4DもFBXで書き出しができますが、そのままUE4に持って行くにはまだ問題も…
CINEMA4D R17が届きました

CINEMA4D R17が届きました

毎年バージョンアップされるCINEMA4Dの新しいバージョンが届きました。 先日ワークステーションの再インストールを行ったばかりだったので、このタイミングで新しいバージョンにしてみました。 簡単にプリセットのモデルをライティングだけ行い出力してみました。 R16までに比べると、レンダリングの品質が良くなっているように感…
C4Dプラグイン Drive! 使用メモ

C4Dプラグイン Drive! 使用メモ

CINEMA4Dで自動車の動きをシミュレートできるプラグインを導入しましたので簡単に使用方法をメモしておきたいと思います。 【準備】 モデルを、ボディ、タイヤ(4本それぞれ)にオブジェクトを分離する。 それぞれのオブジェクトに対し、軸を中心にする メッシュ>軸を中心>軸を中心 グループ化しておく 「DRIVE!Simu…
木材加工CG

木材加工CG

木材建築には「継手」と呼ばれる技術があります。 カットされた木材をパズルのように組み合わせて強度を保ちつつ組み上げていく伝統技術です。 組み上がったものを見てもその構造や、組み上げの手順はわかるものではないのですが、とてもすごい技術だと思います。 その「継手」のひとつ「金輪継」という方法の解説CGを作ってみました。 参…
商品パッケージCG

商品パッケージCG

広告やチラシで使用される商品パッケージも最近ではCGが多くなってきています。 CGを使うメリットは ・シワ等による形状崩れが起きない ・色変更が容易(撮影とくらべて) です。 また、パッケージデザインデータから先の商品の立体イメージを作れますので、パッケージの出来上がりをイメージしやすく、商品棚に陳列したイメージを先に…
インナーマッスルのCG化

インナーマッスルのCG化

インナーマッスルの動きをCG化しているのですが、 如何せん見えない部分なので、想像で作るしかありません。しかし想像するにしても医学的な知識はもちろんありません。 そこでネットで調べてみたのですが、インナーマッスルについてはビジュアル的に解説されているところはあまり見かけられないんですよね。 そんな時思い出しました。 何…
植物生育アニメーションが作れるプラグイン ivygrower

植物生育アニメーションが作れるプラグイン ivygrower

プロジェクションマッピングで使用する演出として「植物が育ってくる」がいかがでしょうか? 実際の撮影でははなかなか植物は思うように延びてはくれませんので、やはりCGでの制作になります。 CINEMA4Dにも植物育成のフリープラグインがあります。 Ivy Grower http://graphics.uni-konstan…
TV解説で使用する人体図っぽいマテリアルはフレネルで作る

TV解説で使用する人体図っぽいマテリアルはフレネルで作る

TV番組などでCGが使われない日はないでしょう。 特に健康番組等で人体の内部を解説する際にCGの画像は非常に有効です。 そこで、今回はその際に使用される人体モデルの作り方について解説します。 今回のモデルデータはCINEMA4DについているHUMANモデルです。 コンテンツブラウサ > プリセット > Prime > …
バネの動きをダイナミクスのコネクタとスプリングで作ります。

バネの動きをダイナミクスのコネクタとスプリングで作ります。

CINEMA4Dには強力な物理シミュレーション機能があります。 今回はこれを使ってバネの動きを再現したいと思います。 物理シミュレーションなので、タイムラインにキーを打たずに動きを実現できます。 バネの台となる立方体を作成します 動かすオブジェクト(今回は文字を使用します)を作成します。 動きの中心となるように、オブジ…
ゼリーのように揺れる物体はジグルで作れます

ゼリーのように揺れる物体はジグルで作れます

ゼリーのようにプルプル震えるオブジェクトを作ります。 他のCG制作アプリの場合は、ボーンやジョイントを使うようですが、C4Dではジグルを使用することで簡単に実装できます。 まず、震わせたいオブジェクトを作成します。(わかりやすいように今回は立方体を使用します) 「c」キーで編集可能の状態にします。 編集モードをポイント…
Return Top