Toggle

VR

VR体験の準備事項まとめ

VR体験の準備事項まとめ

私どもではVR事業の一環として「体験会」を実施致しております。 体験会を実施する際には、様々な準備事項がありますが、これまでの運営で気がついた点について簡単にまとめてみたいと思います。 ・準備について 基本的には、専用端末での実施が良いと思います。 また、複数台での実施の場合、オペレーター1人につき、2台までがスムーズ…
VRコンテンツの違い

VRコンテンツの違い

VRと言いましても、現状では360°視野の映像をVRを呼ぶこともあります。 また、左右の視差情報をもった3D映像もVRと呼びます。 360°視野の映像には、静止画と動画がありますが、便宜的に「パノラマ写真」「パノラマ動画」と呼ぶことにします。 この映像は、広角レンズを使った複数のカメラで収録された映像を切り貼りして一つ…
CG/VR制作:解像度をレンダリング時間を短縮する

CG/VR制作:解像度をレンダリング時間を短縮する

CG制作・VR制作で最も時間とCPUパワーを使用する工程が「レンダリング」です。 いかにこの時間を短くするかが短期納品のポイントになります。 現在(2016年)使用されている最も一般的な解像度は「フルハイビジョン」と呼ばれるもので、1920×1080の点で1画面が構成されている映像になります。 複雑なシーンのレンダリン…
VRコンテンツの制作ポイント

VRコンテンツの制作ポイント

私どもではVRコンテンツの制作を行っております。 VRコンテンツは従来の映像コンテンツとは違うポイントがあります。 今回は「カメラ」について簡単にまとめてみたいと思います。 ・カメラワークはなめらかにする C4Dの場合、カメラ移動のキーフレームをベジェ曲線にする等してなめらかな動きを意識することで、見る側のVR酔を防ぐ…
C4DでVR動画の書き出し方

C4DでVR動画の書き出し方

シーン構築までは、通常のCG制作と同じ手順。 構築で気にするポイントは、360°見えるという事、映像で書き出す際はカメラの死角部分は作りこむ必要がなかったのですが、ぐるっと見渡せるので、見える範囲は違和感のないような作りこみを行うようにします。 プラグインを使用します。 ・CV-VRCam このプラグインは、Cinev…
Return Top