Toggle

     

クリエイターに必要な能力

クリエイターに必要な能力

クリエイターのひとりとして クリエイターと聞くと何かカッコいいようなイメージをお持ちの方もおられるようですが、クリエイターの一人である私のイメージとしては、「制作」という業務に時間も忘れて没頭するというやや孤独なイメージを持っております。 それはさておき、クリエイターと一口にいうのは、やや広すぎる感じですね。 私のよう…
CINEMA 4DとRealflowを使った流体シミュレーション手順

CINEMA 4DとRealflowを使った流体シミュレーション手順

リアルな流体シミュレーションを手軽に行えるのがRealflowです。 Realflowで行ったシミュレーション結果をCINEMA 4Dでレンダリングするための手順を簡単にまとめてみます。 ・オブジェクトの作成 まず、CINEMA 4Dでシミュレーションを行うオブジェクトの作成を行います。 この際に注意するのはスケールで…
Octane RenderでのVRコンテンツ出力

Octane RenderでのVRコンテンツ出力

CINEMA4D用のレンダラーであるOctaneを使用してVR用コンテンツをレンダリングする際の手順をまとめます。 ・シーンの構築 従来のコンテンツと違い、全方位が見えるようになりますので、見える範囲をよく考えてオブジェクトを配置していきます。 必要であれば、壁等を配置して視覚を制限する必要もあるかと思います。 ・カメ…
OctaneRender(C4D)での霧の表現

OctaneRender(C4D)での霧の表現

Octane Renderは物理演算を行うレンダラーとして実に優秀で、GPUを使用しますので高速に描画してくれますので、うちでもフルに活用しています。 小物や機械系のレンダリングではスタジオや屋内のHDRIを使用していますが、屋外のレンダリングでは空気やカスミ・霧などの表現が要になります。 fogボリュームを使用する方…
法人化のお知らせ

法人化のお知らせ

この度、isi-workは事業拡大の為に法人化を行い、社名を「株式会社フィジカルアイ」と致しました。 株式会社フィジカルアイ 業務内容は従来の業務を継承致します。 ・CG制作 ・VR制作 ・映像制作 引き続き、宜しくお願い致します。
CINEMA 4Dプラグイン「DRIVE!」のサスペンション設定

CINEMA 4Dプラグイン「DRIVE!」のサスペンション設定

C4DのプラグインDRIVE! CINEMA 4Dには物理シミュレーションを行うダイナミクスという強力な機能があります。 その機能を使って、自動車の挙動シミュレーションを行う便利なプラグインがあります。 それが、DRIVE!です。 商品説明 DRIVE! (TMSダイレクト) 挙動を動画でまとめました カーブ等における…
独立で会社を辞める際に、やってはいけない5つのこと

独立で会社を辞める際に、やってはいけない5つのこと

先日行われましたイベント「『LIFE SHIFT』100年時代を考える ~あなたの人生も、100年つづく~」に40代フリーランスの代表として参加させて頂きました。 イベントの詳細については、このブログでもテーマに分けてご紹介していきたいと思っています。 さて、まず今回はイベントの中で説明しきれなかった事で重要なことを書…
『LIFE SHIFT』100年時代を考える ~あなたの人生も、100年つづく~

『LIFE SHIFT』100年時代を考える ~あなたの人生も、100年つづく~

7/6に行われるこちらのイベントに40代の代表として参加することになりました。 今回のイベントのテーマは、 「『LIFE SHIFT』100年時代を考える ~あなたの人生も、100年つづく~」 です。 私自身、人生100年についていろいろ勉強してみたいと思いますので、良い機会を頂けたと思います。 7月6日(木)、『LI…
Realflow|C4DのMeshパラメータメモ

Realflow|C4DのMeshパラメータメモ

C4Dのプラグインとして販売されているRealFlowは完全な流体シミュレーションというよりもより手軽に流体の表現ができるプラグインです。 水の動きを完全にシミュレーションしているというよりも、水の演出をどう表現できるかに重点をおいた流体シミュレーションのように感じます。 さて、そのRealFlowですが、デフォルトの…
VR体験の準備事項まとめ

VR体験の準備事項まとめ

私どもではVR事業の一環として「体験会」を実施致しております。 体験会を実施する際には、様々な準備事項がありますが、これまでの運営で気がついた点について簡単にまとめてみたいと思います。 ・準備について 基本的には、専用端末での実施が良いと思います。 また、複数台での実施の場合、オペレーター1人につき、2台までがスムーズ…
Return Top