Toggle

雑記

NASでのディスクエラー

NASをバックアップやデータ共有の目的で利用されることは多いと思います。
うちでもQNAPのNASを利用していますが、先日NASからディスクエラーのアラートが出始めました。
内容はSMARTエラーで、QNAPのステータス画面ではディスクの交換を促すメッセージが表示されていました。
予備のHDDに交換し、エラーの出たディスクをチェックしてみます。
CrystalDiskinfoによると、「代替処理保留中のセクタ数」が異常値になっていました。

「回復不可能のセクタ数」は正常値のようですので、物理的に損傷があるようではありません。
そこで、他のPCへ接続し、回復作業を試みます。
・全パーテーション削除
・全領域を使って、プライマリパーテーションを作成
・新しいパーテーションを物理フォーマット(クイックフォーマットのチェックは外します)

フォーマットにかなり時間がかかりますので、気長に待ちます。
フォーマット完了後、CrystalDiskinfoで確認しますと、正常と表示されるようになりました。

日々のデータディスクとして使用するのは少々不安ですので、ローカルのバックアップディスクとして活用していきたいと思います。
SMARTエラーであっても、「異常」「交換してください」というメッセージが表示されたディスクは破棄したくなりますが、詳細にチェックすればバックアップ的な用途であれば使用できる場合もありますので、十分チェックしたいと思います。

URL
TBURL

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

Return Top