Toggle

CG制作

OctaneRender 設定

OctaneRender 設定

新しいレンダラーとしてOctaneRenderを導入しました。
C4Dのマテリアルとの親和性も比較的高く、使いやすいレンダラーです。
使用でまず必要となるマテリアル設定を簡単にまとめておきます。

OctaneRenderでは、マテリアルを3のタイプで分類しています。
そして、それぞれのタイプをミックスすることで多彩な表現を可能にしています。

タイプ 名称 説明
Diffuse Diffuse 色・テクスチャをここで指定します
Roughness 表面の粗さ・ざらつき具合
Bump 凸凹の形状
Normal 法線(ノーマルマップ)
Displacement 変位
Opacity 不透明度
Emission Blackbody Emission を選択すると発光する
Glossy
光沢
Specular 鏡面反射の量
Film Width 薄膜の薄さ、オイルやシャボン玉のような表現に使用
Filmindex 薄膜の屈折率
Index 屈折率
Specular
鏡面・透過
Reflection 反射率
Transmission 透過色
Fake shadows ガラス面の影の有無

C4Dのフィジカルとくらべて、空気感というのを出しやすいように思います。
GPUの性能によりレンダリング時間の短縮も可能かもしれません。
これから使い込んでいくのが楽しみなレンダラーです。

URL
TBURL

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

Return Top