Toggle

CG制作

アニメーション付jsonモデルをWebGLで表示する方法

アニメーション付jsonモデルをWebGLで表示する方法

さて、前回jsonモデルの出力までをご説明しました。
CINEMA4DからWebGLへの出力(Blender経由)

今回は、そのモデルをブラウザーで表示する方法について書きたいと思います。
ブラウザーは最新のものを使用してください。
WebGLを使いますが、前回もご紹介したthree.jsを使用します。

下記のjsを使用しますので、three.jsから制作する環境にコピーしておきます。
three.min.js
OrbitControls.js

htmlのページで読み込んで使用します。

続いて、three.jsのシーンを構築します。
シーン構築に関してはthree.jsのサンプル等もありますので、いろいろいじってみることをおすすめします。
ただ、ローカルでは上手く動作しないこともありますので、実際のサーバに近い環境でテストする方がトラブルも少ないでしょう。

URL
TBURL

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

Return Top