Toggle

CG制作

CG素材合成時の黒フチを解消

CG素材には実写と合成するのを前提に透過情報を持って出力されたものがあります。
「アルファチャンネル」「アルファ」「透過付」
等と記されているものがそれです。プレビュー等でゼブラの模様が見えるところが透明になる部分になります。
これらのファイルは、Quicktimeのアニメーション形式で出力されている事が多く、通常の編集ソフトでレイヤーを重ねてやればそのまま合成することが出来ます。

しかし、一部のソフトウェアでは、半透明になる部分(特にエッジ部分)にうっすらと黒いものが残ってしまう事があります。
(特に、キラキラ系エフェクトの素材などに見られる現象だと思います)
そんな場合は、レイヤーの描画モードを「加算」に変更する事で黒フチが解消します。
PremiereProの場合は、素材のエフェクトコントロールで、
不透明度 > 描画モード > 通常
になっています。「通常」を加算系のモード( 覆い焼き(リニア)、スクリーン
 がそれになります)にします。
SC_20151008_12355300
SC_20151008_12431000

適応前
SC_20151008_12361900
適応後
SC_20151008_12363700

最新のソフトでない場合等は黒フチが出やすいように思います。
描画モード、あるいは合成チャンネル等といった設定項目で設定変更することで綺麗に合成できることがありますので、何かの参考になれば幸いです。

URL
TBURL

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

Return Top