Toggle

CG制作

CINEMA4D R17が届きました

毎年バージョンアップされるCINEMA4Dの新しいバージョンが届きました。
先日ワークステーションの再インストールを行ったばかりだったので、このタイミングで新しいバージョンにしてみました。

簡単にプリセットのモデルをライティングだけ行い出力してみました。
R16までに比べると、レンダリングの品質が良くなっているように感じます。
しかしながら、時間はかなり掛かるようになりました。
デフォルトのパラメータに、GIをつけ、ライトは正面エリアライト、両側面から2つスポットライトを当てています。
SC_20150916_9243700
レンダリングエンジンはフィジカルで、被写界深度をつけました。
結果、レンダリング時間は3時間半。(R14では14分)
cycle
静止画のパース等では良い画をだしてくれそうな気がしますが、動画案件などではもっと設定を追い込まないといけないのは間違いないようです。

もうひとつ、GIの有無で思ったよりも差がでなかったのも少々意外でした。
こちらもじっくり検討してみたいですね。
0012
いずれにせよ、モデリング、スカルプト面で使い勝手も良くなってきているようですし、楽しんで使って行きたいと思います。

URL
TBURL

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

Return Top