Toggle

CG制作

CINEMA4Dでの自動車シミュレーション

CINEMA4Dでの自動車シミュレーション

CINEMA4Dでは物理エンジンが搭載されています。
その物理エンジンを使用して自動車の挙動を(比較的)簡単にシミュレーションする事ができます。
フリーのプラグインなどもありますので、それを活用することで制作の時間も短くする事ができます。
以前もご紹介したかもしれませんが、MagicCarというプラグインです。
こちらと、ローポリゴンのモデルを使用して作ってみました。
※ローポリゴンのモデルはざっくり自動車様より頂きました。ありがとうございます!

自動車の挙動はすべて物理エンジンです。

物理エンジンで動かしますので、いかにポリゴンを少なく作るかがキーになります。
フリーのモデルでは、ハイポリゴンのものが多いので、自分でローポリのライブラリ的なものを作っておくと良いかもしれませんね。
さて、これで交通事故の再現CGも比較的短時間で制作できそうです。

Return Top